クロストリジウム属菌

偏性嫌気性の芽胞形成菌群

ボツリヌス菌およびウェルシュ菌などの食中毒菌が含まれます。また、タンパク質や糖分解など品質劣化作用の強い菌種が多く、食品衛生上重要な菌群です。土壌、下水など自然界に広く分布し、食肉および魚介類などの食品は本属菌に汚染される機会が多く、これらを主原料とする食品がウェルシュ菌やボツリヌス菌による食中毒の原因となった事例が多いです。