腸管出血性大腸菌O157

下痢などの消化器症状や合併症を起こす病原大腸菌

病原大腸菌の中で毒素を産生し、出血を伴う腸炎や溶血性毒素症症候群を起こすものを腸管出血性大腸菌と呼びます。本菌は人から人への感染や水を介して大規模な集団食中毒を引き起こすなど軽視できない細菌です。

※O26、O111他は、追加料金が加算されます。